知覚過敏について

こんにちは!院長の町田です。

知覚過敏は正式には「象牙質知覚過敏」と言います。

むし歯でもないのに、冷たいものや熱いもの、酸っぱいものをたべるとしみる、また歯ブラシの毛先が触れると痛むなどの症状の多くが知覚過敏です。

歯の表面は硬いエナメル質で守られていますが、このエナメル質がさまざまな原因によって削られることで、刺激が象牙質に直接伝わるようになり、象牙質の無数の穴から冷たいものや熱いものが入り込んで歯がしみるという症状が出てしまうのです。

主な原因

・間違った歯磨き

・酸性の食品のとり過ぎ

・歯ぎしり、噛み合わせ

・むし歯

・歯周病

対策と治療法

・歯磨きを工夫

・セメント等で埋める

 

しみるは歯の危険信号!

症状の軽いうちに対処、治療しましょう。

学会に参加してきました

こんにちは。院長の町田です。

先日、日本顎咬合学会という学会に、歯科医師、スタッフ、技工士と参加してきました。

大雨が予想されていましたが雨も降らず、多くの方が来場されていました。

最先端の治療のセミナーや最新の治療器具等が紹介されており、大変勉強になり刺激をうけました。

今後の治療にも取り入れれるものは取り入れていこうと思います。

梅雨の季節になり、雨が続きますので体調等お気を付け下さい。

花壇が新しくなりました。

こんにちは!スタッフの土屋です。

連日暑い日が続きますね。

新緑の季節になり当院の花壇にも沢山のかわいい花が咲きました。

お近くに起こしの際はぜひお立ち寄りください。

これから梅雨に入り、寒暖の差が激しくなります。

体調等崩されませんようご自愛ください。

お子様のむし歯予防

こんにちは!スタッフの土屋です。

今回はお子様のムシ歯予防についてお話ししたいと思います。

乳歯で一番ムシ歯になりやすいのは、歯と歯の間。表面や奥歯の咬む面は保護者様も気をつけて磨いてらっしゃることが多いですが、歯と歯の間は歯ブラシだけではケアが足りず、気がついたら穴が空いていた、なんてことも。歯と歯の間がムシ歯になると、歯並びがガタガタになったり、出っ歯やシャクレがひどくなってしまう場合もあるのです。

歯と歯の間のムシ歯予防に一番効果的なケア用品は、デンタルフロス(糸ようじ)です。歯ブラシだけでは、歯と歯の間まで歯垢をしっかり落とすことは困難です。特に歯と歯の間がぴたっとくっついているタイプのお子様は、フロスが必須になります。しかし、フロスは慣れていないと他人に使うのも難しいもの。まずは保護者様がご自身のお口でやってみてください。こうするとすんなり入る、こうすると痛い、というのを体感なさってからの方が上手にできやすいです。そして、フロスを使っているところをお子様に見せていると、受け入れてもらいやすいと思います。

そうはいっても、どうしても”めんどくさい”が先に立ってしまいやすいのがフロスです。歯ブラシでどうにか・・・とお考えのかたもいらっしゃると思います。ムシ歯のケアは歯が生えてきた瞬間から始まります。いくらフロスを頑張ってもムシ歯になってしまうケースは、フロスを使用し始める前からすでに歯質が溶け始めていた場合が多いです。歯は一度溶け始めてしまうと、完全にキレイな表面に戻すことはとても難しいと言われています。生え始めのケアがとっても大切なのです。

乳歯の生えてくる時期は、まずお口に物を入れられるのがイヤだったり、イヤイヤ期と重なってしまったりして中々大変です。しかし、ここで根気強く歯磨き・フロスをしていると、イヤイヤも早く収まりやすいそうです。乳歯を大切にすることがキレイな大人の歯並びにもつながっていきますので、是非実践してみてください!

 

学会に参加してきました。

こんにちは。院長の町田です。

先日軽井沢、高崎、両医院の歯科医師、スタッフと学会に参加してきました。

テーマは「高齢化社会における歯科の役割」です。

今の日本は少子高齢化が進んでいます。

高齢になるにつれて、だんだんと歯を失って最終的には全ての歯を失ってしまう方もたくさんいます。

歯が無くなると食べ物もおいしく噛めなくなり、栄養も摂りずらくなってしまい、元気もなくなってしまいます。

そういった歯を失ってしまって困っている方の力に少しでもなれればうれしく思います。image2 (3)