学会に参加してきました

こんにちは。院長の町田です。

先日、日本顎咬合学会という学会に、歯科医師、スタッフ、技工士と参加してきました。

大雨が予想されていましたが雨も降らず、多くの方が来場されていました。

最先端の治療のセミナーや最新の治療器具等が紹介されており、大変勉強になり刺激をうけました。

今後の治療にも取り入れれるものは取り入れていこうと思います。

梅雨の季節になり、雨が続きますので体調等お気を付け下さい。

花壇が新しくなりました。

こんにちは!スタッフの土屋です。

連日暑い日が続きますね。

新緑の季節になり当院の花壇にも沢山のかわいい花が咲きました。

お近くに起こしの際はぜひお立ち寄りください。

これから梅雨に入り、寒暖の差が激しくなります。

体調等崩されませんようご自愛ください。

お子様のむし歯予防

こんにちは!スタッフの土屋です。

今回はお子様のムシ歯予防についてお話ししたいと思います。

乳歯で一番ムシ歯になりやすいのは、歯と歯の間。表面や奥歯の咬む面は保護者様も気をつけて磨いてらっしゃることが多いですが、歯と歯の間は歯ブラシだけではケアが足りず、気がついたら穴が空いていた、なんてことも。歯と歯の間がムシ歯になると、歯並びがガタガタになったり、出っ歯やシャクレがひどくなってしまう場合もあるのです。

歯と歯の間のムシ歯予防に一番効果的なケア用品は、デンタルフロス(糸ようじ)です。歯ブラシだけでは、歯と歯の間まで歯垢をしっかり落とすことは困難です。特に歯と歯の間がぴたっとくっついているタイプのお子様は、フロスが必須になります。しかし、フロスは慣れていないと他人に使うのも難しいもの。まずは保護者様がご自身のお口でやってみてください。こうするとすんなり入る、こうすると痛い、というのを体感なさってからの方が上手にできやすいです。そして、フロスを使っているところをお子様に見せていると、受け入れてもらいやすいと思います。

そうはいっても、どうしても”めんどくさい”が先に立ってしまいやすいのがフロスです。歯ブラシでどうにか・・・とお考えのかたもいらっしゃると思います。ムシ歯のケアは歯が生えてきた瞬間から始まります。いくらフロスを頑張ってもムシ歯になってしまうケースは、フロスを使用し始める前からすでに歯質が溶け始めていた場合が多いです。歯は一度溶け始めてしまうと、完全にキレイな表面に戻すことはとても難しいと言われています。生え始めのケアがとっても大切なのです。

乳歯の生えてくる時期は、まずお口に物を入れられるのがイヤだったり、イヤイヤ期と重なってしまったりして中々大変です。しかし、ここで根気強く歯磨き・フロスをしていると、イヤイヤも早く収まりやすいそうです。乳歯を大切にすることがキレイな大人の歯並びにもつながっていきますので、是非実践してみてください!

 

学会に参加してきました。

こんにちは。院長の町田です。

先日軽井沢、高崎、両医院の歯科医師、スタッフと学会に参加してきました。

テーマは「高齢化社会における歯科の役割」です。

今の日本は少子高齢化が進んでいます。

高齢になるにつれて、だんだんと歯を失って最終的には全ての歯を失ってしまう方もたくさんいます。

歯が無くなると食べ物もおいしく噛めなくなり、栄養も摂りずらくなってしまい、元気もなくなってしまいます。

そういった歯を失ってしまって困っている方の力に少しでもなれればうれしく思います。image2 (3)

こども歯ならび矯正法

 

こんにちは!院長の町田です。
今日はこどもの矯正について少し話させていただきます。
矯正にはさまざまな治療法があるのですが、マウスピース式の矯正治療というのをご存知でしょうか。
上の画像のようなマウスピースを用いた矯正で、おおよそ10歳頃までの小児に使用します。
矯正治療は年齢によって1期治療(全ての歯が永久歯に萌え変わる前の治療)と2期治療(永久歯の治療)に分かれます。
このマウスピース矯正は1期治療で使用します。
1期治療をすることで、将来の歯ならびに多くの良い影響を及ぼすと言われています。

1期治療:予防矯正(混合歯列期) ~10歳頃
☆歯ならびの改善
☆かみ合わせの改善
☆口呼吸から鼻呼吸へ
☆お口ポカンの改善
☆正しい発音・飲み込み

1期治療で終了される患者さんもいれば、2期治療まで希望される患者さんもいらっしゃいます。
2期治療を希望される場合にも、一期治療をしておくと大きなメリットがあります。
☆治療期間が短くなる
☆歯を抜かなくてすむ場合など

使い方としては、『家にいるとき(およそ1~2時間)』と『寝ているとき』だけです。

こういった歯ならびのお子様に

type01_atype02_atype03_a

 

また、歯ならびだけでなく口まわりの筋肉の機能を改善することも可能で、指しゃぶり等の歯ならびを悪くさせる癖も改善させる効果があります。

こどもの時の歯ならびは萌え変わったあとの歯ならびに影響します。

なにかありましたらお気軽にご相談下さい。