知覚過敏について

th[6]

こんにちは!院長の町田です。

知覚過敏は正式には「象牙質知覚過敏」と言います。

むし歯でもないのに、冷たいものや熱いもの、酸っぱいものをたべるとしみる、また歯ブラシの毛先が触れると痛むなどの症状の多くが知覚過敏です。

歯の表面は硬いエナメル質で守られていますが、このエナメル質がさまざまな原因によって削られることで、刺激が象牙質に直接伝わるようになり、象牙質の無数の穴から冷たいものや熱いものが入り込んで歯がしみるという症状が出てしまうのです。

主な原因

・間違った歯磨き

・酸性の食品のとり過ぎ

・歯ぎしり、噛み合わせ

・むし歯

・歯周病

対策と治療法

・歯磨きを工夫

・セメント等で埋める

 

しみるは歯の危険信号!

症状の軽いうちに対処、治療しましょう。