お子様のむし歯予防

img01[1]

こんにちは!スタッフの土屋です。

今回はお子様のムシ歯予防についてお話ししたいと思います。

乳歯で一番ムシ歯になりやすいのは、歯と歯の間。表面や奥歯の咬む面は保護者様も気をつけて磨いてらっしゃることが多いですが、歯と歯の間は歯ブラシだけではケアが足りず、気がついたら穴が空いていた、なんてことも。歯と歯の間がムシ歯になると、歯並びがガタガタになったり、出っ歯やシャクレがひどくなってしまう場合もあるのです。

歯と歯の間のムシ歯予防に一番効果的なケア用品は、デンタルフロス(糸ようじ)です。歯ブラシだけでは、歯と歯の間まで歯垢をしっかり落とすことは困難です。特に歯と歯の間がぴたっとくっついているタイプのお子様は、フロスが必須になります。しかし、フロスは慣れていないと他人に使うのも難しいもの。まずは保護者様がご自身のお口でやってみてください。こうするとすんなり入る、こうすると痛い、というのを体感なさってからの方が上手にできやすいです。そして、フロスを使っているところをお子様に見せていると、受け入れてもらいやすいと思います。

そうはいっても、どうしても”めんどくさい”が先に立ってしまいやすいのがフロスです。歯ブラシでどうにか・・・とお考えのかたもいらっしゃると思います。ムシ歯のケアは歯が生えてきた瞬間から始まります。いくらフロスを頑張ってもムシ歯になってしまうケースは、フロスを使用し始める前からすでに歯質が溶け始めていた場合が多いです。歯は一度溶け始めてしまうと、完全にキレイな表面に戻すことはとても難しいと言われています。生え始めのケアがとっても大切なのです。

乳歯の生えてくる時期は、まずお口に物を入れられるのがイヤだったり、イヤイヤ期と重なってしまったりして中々大変です。しかし、ここで根気強く歯磨き・フロスをしていると、イヤイヤも早く収まりやすいそうです。乳歯を大切にすることがキレイな大人の歯並びにもつながっていきますので、是非実践してみてください!